Hydro-treated Asphalt High use of residual oil
Green Asphalt-環境アスファルト

原油重質化に伴い、利用価値の低い残渣油が増大します。残渣油を高度水添する事で、循環型製品=Green Asphalt(GA)に変わります!資源のない日本にとって、石油の無駄は許されません。

Green Asphaltの特徴

無臭・接着力・凝集力・溶解性・耐候性に優れています。

1.高度水添により、不安定分子が除かれ、無臭で安全なアスファルトになります。
2.アスファルテンが≒2倍のマルテン樹脂となり、凝集能力・接着力に優れます。
3.均一ミセル構造により、固相・液相への変化がシャープになり、作業性・溶解性が増します。
4.GAを基材とする事により、新しい用途が広がります。
膨大な量のGAを、低廉なポリマー・オリゴマーの代替品として市場普及を図ります。

トップ
舗装材料として
国土交通省は、 治水対策・騒音防止・ヒートアイランド防止より、透水性・排水性アスファルト舗装を推進しています。 性能保証施工により保守管理を業者に求めています。長寿命で、リサイクルし易い合剤を求めています。
環境省はCO2削減を目的に、中温化を指導しています。GAにより、30℃作業温度を下げる事が出来ます。14%のCO2削減となります。
アスファルト製造・合材・施工業者において、アスファルト需要が200万dに減少し、更なる過当競争。性能保証とコスト削減が求められます。Green asphaltによってポリマーの選択肢を広げ生産性を大幅に改善する事が出来ます。無臭アスファルトが安全と環境を守ります。

その他:石綿ボード及び建設廃材の再利用

建設混合廃材のリサイクル率50%に向けて、多量に発生する木質系廃材とGAの組み合わせにより、木質プラスチックスが。無機系廃材とGAの組み合わせにより、無機プラスチックス建材として再利用します。無機の剛構造とGAの柔構造が、耐水・耐震・防音強化ボードに高性能化。貴重な資源によって、家屋・自動車・船・工場としてストックされています。21世紀は環境世紀です。捨てればゴミです。GAとストックを一体化し100年建材として再利用します。GAによる7つの新事業を紹介しています。

トップ
能力 用途