本文へジャンプ

環境アスファルト=水添アスファルト=Green Asphalt
Hydro-cracked asphalt

飛散防止・固定化・若返り・接着・強度向上・耐震・防音・防水・防蟻・防藻
防カビ効果を発揮し、100年建材として再利用します。

再生工程では、滑剤・バインダー及び無害化燃料として効果を発揮します。

特許出願2005-299922


水添アスファルトの特徴

浄化機能 アスファルトには常温でもフェザータッチのタックがあります。空中に浮遊したアスベスト繊維は、ブラウン運動によって壁にぶつかります。その際、捕捉し取り込める能力があります。
衝撃緩和 剛のアスベストは衝撃に弱く脆いため、飛散を繰り返します。柔のアスファルトを介在させる事で、衝撃を緩和し、強靭さを増します。
マスキング アスファルトは、加熱するだけで、タックが発現し、接着剤なしで化粧版・紙を貼ることが出来ます。風化した吹き付け石綿の浮き上がり・垂れ下がり対策が出来ます。
滑剤 粉砕・成型の際、アスファルトが可塑剤の役目を果たし、機械効率を高めます。
バインダー 焼結・無害化工程で、成型した形を崩しません。焼成段階で石綿の飛散を防止します。精度の高い焼結品を得る事が出来ます。


LCA石綿処理材-

1.        目的・被材に応じて、エマルジョン型・溶剤希釈型・その他を選択出来ます。

2.        環境アスファルトを主剤とし、10-100%含みます。

3.       不安定分子・極性基が少ない、無臭の完全炭化水素混合物です。

4.        均一ミセル構造体を有し、作業性・溶解性に優れます。

注意:一つの試験結果であり、代表するものではありません。
文中では特殊アスファルト樹脂等の呼称がありますが、総て水添アスファルトを基材としています。

 水添アスファルト
Crude oil residual substance oil. Coal liquefaction residual substance oil.